トップ セルライト除去について 相互リンク お問い合わせ サイトマップ

セルライト除去の方法・ガイド > セルライト除去と原因

セルライト除去と原因

皮膚の表面がデコボコになった脂肪の固まりをセルライトといい、女性の8割がセルライトを持っているとも言われる恐怖の状況なのです。セルライトのつきやすい場所は、ズバリ下半身です。セルライトは脂肪細胞の多い組織内で発達します。脂肪細胞には表面にレセプター(受容体)という、極微の装置がついていて、このレセプターが脂肪の貯蔵と放出をコントロールするのです。

女性の場合のダイエットでは、落ちてほしくない胸などの上半身の脂肪はすぐ落ちてしまうのですが、下半身はどれだけ努力してもなかなか落ちてくれません。その理由は、ほとんどの女性の場合、脂肪貯蔵レセプターが、下半身に多く配置されているからなのです。下半身の脂肪細胞には、脂肪放出レセプター1つにつき、脂肪貯蔵レセプターは6つあるといわれ、上半身の場合はこの逆と言われています。

下半身が余分な脂肪を放出できるのは、上半身の六分の一の機能しかないということです。その下半身の中でも、特にお尻や太ももにセルライト集中する原因は、体のどの部分よりも脂肪をため込む能力には優れ、放出の能力には劣っているからなのです。女性の場合は、出産できるからだづくりの為に、下半身に脂肪をためこみやすい体の構造になっており、それが大きな要因となっています。

脂肪の放出は、血液量にも大きな影響を受けています。すなわち血行がよければ、脂肪はスムーズに放出されるのです。結局セルライトがなかなか解消できないのは、セルライト組織の中では血流が極端に悪くなり、これが大きく影響しているのです。肥大した脂肪小葉が、血液やリンパ液を圧迫するために、循環が停滞、代謝がスムーズに行われなくなります。結合組織は充血して硬くなるために、まわりの余分な老廃物が蓄積するのです。脂肪小葉は、体積増加をすると自らの栄養摂取が妨げられ、正常な脂肪細胞までも取り込みさらに膨張します。この悪循環が

今日のお勧め記事 ⇒ セルライト除去とレモンアロマオイル

アロマオイルには色々な種類があり、その中でもレモンアロマオイルの効能等をここでは紹介いたします。香りは、レモンを切った時の爽やかでフレッシュな香りです。主な効能は、リフレッシュ効果、集中力を高める効果、殺菌効果、体内の酸性を中和する効果などです。レモンアロマオイルは、香りが飛びやすく、酸化しやすいので、早めに使い切ることをおすすめします。柑橘系のアロマ全般に、刺激が強いので入浴剤として使う時は、かならず重曹などと混ぜて使用してください。